読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異次元物理は楽しい

先日の、大栗先生超弦理論の本に続き、こんどは、阪大の橋本さんの「超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義」を読みました。
超弦理論の導入から、マルダセナのAdS対応までわかりやすく説明されています。
なんといっても娘とパパの何ともほんわかした会話で、ハードな物理学について説明してある本書のような理論物理の解説書は見たことがありません。
アニメ化やショートムービー化しても面白いと思います。
本の続編、シリーズ化を期待しています。