GitHubやBitBucketを使った一人プロジェクトの作業方法

一人でコードの開発をするときにも、バージョン管理とバックアップも兼ねてのリモートリポジトリの利用は便利だなと思います。
そのために必要なコマンドのメモ集です。

作成したリポートリポジトリをローカルにリポジトリに複製する方法

> git clone https://someuser@bitbucket.org/someuser/test.git

そして作成されたディレクトリにファイルを置きます。

ステータスの確認には以下のコマンドを使用

> git status
すると追加したファイルの状態が表示されます。

追加したファイルのリポジトリに登録するには

> git add -A

  • A オプションはすべてのファイルをステージにセットすることを意味します。

まだステージにセットされただけでコミットはされていません。
git status で状態を確認できます。

実際にコミットを行うには

git commit -m"this is a message for this commit"
と -m の後にコミットのメッセージを入れておきます。

以上でコミットは終わり、ローカルで作業します。

作業後の差分を確認するには、

>git diff
で最後にコミットされているファイルと現在のファイルの比較がされ、差分が表示されます。

何度もコミットした後はコミットの履歴が見たくなります。

そんな時は、
> git log --stat
で履歴を確認できます。

ここまでの作業はあくまでもローカルでのファイルの操作でリモートリポジトリに変更は反映されていません。

バックアップも兼ねて、リモートリポジトリにコミット履歴を送信するには、

>git push origin master
originはgit clone した元のリモートリポジトリのデフォルトのニックネームです。
master はブランチ名です。
これでローカルリポジトリのmasterがリモートのmasterに同期されます。

(ここまでをまとめると)

Gitサーバー上でプロジェクトを作成.すると,内容が空のリポジトリができる(GUI 操作)
Gitサーバーからリポジトリを複製して,手元に作業ツリーを作成 (git clone).空の作業ツリーができる.
作業ツリーにソースコードを追加し, フォルダをGitに追加 (git add)
変更をコミットする (git commit)
コミットした変更をGitサーバに送り込む (git push)
他のメンバーもGit上のリポジトリを複製 (git clone) すると, ソースコード一式が既に入った作業ツリーが取得できる

ブランチの切り方

> git branch devbranch
devbranchという名前でブランチを切ります。
> git branch
とやると
devbranch
master
の両方が表示され、*がついているほうが現在の作業対象です。
作業対象を切り替えるには
> git checkout devbranch
とやります。
ブランチの状況の確認には、
>git log --all --graph --pretty=oneline
です。
分岐したブランチの作業が終了して二つのブランチを統合するときには、
> git merge devbranch
とやれば、masterにマージされます。
同じファイルをmasterブランチで書き換えていればconflictが起きますので気を付けましょう。

過去の状態に戻す方法:

>git branch devbranch2
>comitID

ブランチの強制削除は:

> git branch -D devbranch2

最新のマスターブランチをとってきて自分のローカルブランチに上書きする

>git checkout master
>git pull