読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android SDK サンプル "BasicGLSurfaceView"を実行

アンドロイドアプリ開発

API 19 (4.4.2)のBasicGLSurfaceViewを実行してみました。

OpenGLを用いてトライアングル+テクスチャマップ。

ドロイド君テクスチャを、三角形に貼って、くるくると回転させる。

見た目は2次元ですが、3次元処理している。

model view projection変換をちゃんとやっている。完全なGLの3Dサンプル。

 

このサンプルで分かること:
1.Android SDKOpenGL Esをどう使うのか。
2.シェーダー、テクスチャの扱い方。
  

   ドロイド君テクスチャを別のテクスチャに変更するやり方

            新しいテクスチャファイルを用意し、以下の場所に置く(testTexture.png)

    BasicGLSurfaceView\bin\res\crunch\raw\testTexture.png

           eclipsのプロジェクトのbin/res/crunch/raw に上のテクスチャを登録する。

   File-> OpenFile でオープンするとPackageExplorerで見えるようになる。

    GLES20TriangleRenderer.javaの以下の部分を書き換える

          InputStream is = mContext.getResources()
         .openRawResource(R.raw.testTexture);

          このままだと、R.javaにこのテクスチャが登録されていないので、エラーがでます。ただ、このR.javaを直接書き換えても、書き換えられない。

R.raw.testTexture の上にマウスポインタを置くと、どうすればいいかの選択しがでるので、Rに登録するという内容のものを選べば、R.javaが書き換わります。