「舟を編む」 三浦しをん著 を読みました。

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

今年のお正月はコロナのために外出を自粛したので、帰省することもなく部屋で読書する時間をたくさんとれました。
小説は3か月に1編程度しか読まないし、しかも短編が多いのですが、今回はちょっと長めの小説を選びました。
この小説は本屋大賞を取った作品で、寝転びながらゆっくりと小説の世界に入っていくのにちょうどよい程度に読みやすいです。
辞書を作成するというう少しとっつきにくいと思えるテーマですが、辞書と言う舟に集う個性豊かな人々の人間模様がテーマとなっていて、登場人物が辞書作りを中心に生き生きと描かれています。
辞書と言うと中身の言葉だけではなく、辞書を構成する重要な要素としての"紙"がありますが、私は紙に関する記述に非常に興味を持ちました。
辞書用の紙を新たに開発するというシーンは、エンジニアの仕事にも通じるのではないかと思いました。
最後の最後に、思いっきり泣かせる出来事が起きますが、読後感は非常にいいです。
普段紙の辞書は全く触ることがないのですが本書を読んだ後に子供の本棚から紙の辞書を取り出して、"ちしお"をひいてみました。
お正月からいい本と出あえました。
仕事で行き詰ったとき、自分のやっている仕事に疑問や迷いがある人、本書を読めば元気がでますよ。

「死ぬほど読書」 丹羽 宇一郎 (著) を読みました。

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

タイトルに"死ぬほど”とあるのでかなり過激なことが書いてあるかと思いましたが、実際にはとても常識的な内容でした。
読書の効能やどのように読みたい本を見つけ、読んだ本から何を吸収するかが平易な言葉で書いてあります。
読書のことだけでなく人生訓的な内容も書かれており、若い人からすると考え方の古い人の説教的な内容と言えないこともないですが、そこは伊藤忠商事の社長や中国大使まで歴任された方の話ですので実体験に基づいていて、単なる受け売り説教ではないです。
なぜか伊藤忠商事時代の話はたくさん記述があるのですが、中国大使時代の話は全く出てこないのは残念でした。
守秘義務はあるでしょうが、伊藤忠の社長が中国大使なんて今では絶対に考えられない人事ですし、まれな体験をされたのですから大使館での日々の話は知りたかったです。

「腹だけ痩せる技術」植森美緒/著 を読みました。

コロナのための在宅勤務が長くなり、運動不足が気になっています。私はもともとやせ型なので体形はそれほど変化ないように見えますが、ウエストの変化は気になっています。
そいういうお腹が出てくる変化にフォーカスして、お腹だけを痩せる方法が紹介されています。
お腹につく脂肪と筋肉の関係や、どうやったらお腹だけピンポイントに痩せることができるかがわかりやすく解説されています。
簡単に言ってしまえば、お腹に力を入れて凹ませるだけなのですが、きちんと姿勢を意識して呼吸しながら凹んだまま維持するのは結構大変です。
私も、30分ほど歩きながら実践してみたら次の日に筋肉痛になりました。
こんなお手軽のことだけで、ほんとにウエストが減るのか半信半疑ですが、少し続けてみようかなと思います。

2020年の気になるAdvent Calender

数理物理 Advent Calendar 2020

数理物理 Advent Calendar 2020 - Adventar

数理最適化 Advent Calendar 2020

数理最適化 Advent Calendar 2020 - Qiita

TensorFlow Advent Calendar 2020

TensorFlow Advent Calendar 2020 - Qiita

PyTorch Advent Calendar 2020

PyTorch Advent Calendar 2020 Advent Calendar 2020 - Qiita

OpenCV Advent Calendar 2020

OpenCV Advent Calendar 2020 - Qiita

Unity Advent Calendar

Unity Advent Calendar 2020 - Qiita

Android Advent Calendar 2020

https://qiita.com/advent-calendar/2020/android
もしあなたが急にAndroidアプリを業務で作るはめになった場合の選択肢(2021年初頭版)
https://qiita.com/Gazyu/items/dafdb74c4aadf722da92

NLP/CV論文紹介 Advent Calendar 2020

https://adventar.org/calendars/6002

Kaggle Advent Calendar 2020

Kaggle Advent Calendar 2020 - Qiita

Ampere世代のNVIDIA GPUまとめ

NVIDIA A100 Tensor core GPU: アンペア世代のフラグシップモデル
FP32(for training): 312TFLOPS
Int8(for inference): 1248TOPS
FP64(HPC): 19.5TFLOPS
MulTI-INSTANCE GPU機能を唯一持っている

NVIDIA A40:グラフィックスに特化したデータセンター向けGPU
QuadroRTX6000,8000のAmper版
倍精度はそれほどだけどRTコアが入っていてリアルタイムレイトレに強い。
グラフィック用途

NVIDIA RTX A6000
A40のワークステーション
グラフィック強い
Arnoldレンダラで、GP100、RTX6000の約2倍

「イラストで学ぶディープラーニング 改訂第2版」を読みました

イラストで学ぶ ディープラーニング 改訂第2版 (KS情報科学専門書)

イラストで学ぶ ディープラーニング 改訂第2版 (KS情報科学専門書)

  • 作者:山下 隆義
  • 発売日: 2018/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
古い版の方は読んだことがあったのですが、第2版で強化学習のあたりが追加されたようですのでまた読んでみました。
この本でディープラーニングを勉強するというよりは、知っている人がああそういう話もあるな、と確認するような感じで読むのに向いている本です。なぜか一部(LSTMの辺り)数式がつらつらと書いてありますが、そういうのは他のもっと詳しい本できちんと手を動かして自分で数式変形しながら理解しないといけないので本書では、そうやって一度は数式を手で書いたことある人が頭の中の式を確認する感じで読み進めていくのにちょうどいいです。
そんなに重い内容ではなく、広く薄くなのでリラックスしながらディープ界隈を概観するのに最適です。