しんさんのブログ

科学や技術のこと読書のことなど

「スパコン富岳の挑戦 GAFAなき日本の戦い方」松岡 聡/著 を読みました

普段、コンピュータやそのアプリに携わる者としてスパコンの開発背景には非常に興味があり本書を手に取りました。
高い性能と使いやすく応用範囲の広いまさに富士山のようなスパコンというのを売りにする富岳がどのような経緯で誕生したのかを、富岳以前のスパコンである地球シミュレーターや京からの流れで解説されています。

松岡さん自身が幼少期にどのようにしてコンピュータにのめりこみそして今に至るかも非常に興味深いです。
80年代にいわゆるマイコン少年としてゲーム作りに励んだりパソコンのプログラミングにはまったあの時代が今のGAFAの基礎を作っていると言っても言い過ぎではないです。
私もI/Oなどの分厚い本を持って、街の電気屋さんで朝から晩まで展示してあるパソコンを触っていました。

さて、では現代の技術好き少年・少女たちはどこでそういう経験をしているのでしょうか。
それはリアルな世界でなく、インターネットの世界です。リアルな世界では制限が厳しくなりましたが、ネットの世界の中で自由に最先端の情報技術に触れてそこで互いに楽しみながら新しいものを作り出していく今のZ世代が作り出すGAFAソニーに変わる新しい産業が楽しみですね。

おっと、脱線してしまいましたが、著者の松岡さんは任天堂の岩田さんたちとファミコンのゲームを作ったりしていたそうですがある時、君は大学に残るほうがいいと言われ大学に残って研究者になったそうです。
コンピュータの世界はドックイヤーと呼ばれるほど変化が激しく松岡さんもその流れの中で次々と新たなスパコンを考案していったそうです。
初めは個人レベル、研究室レベル、そして東工大の共通スパコンとステップアップしてついに日本最高峰、そして世界1のスパコンを作り上げるまでの話が本書で述べられています。
例えば、大学の研究室で手作りでスパコンを組み立てた際には、秋葉原まで部品を買いに行き徹夜作業でそれを組み上げるという経験を積んだそうです。
そういう経験すべてが富岳の構築に生きているということが本書から伝わってきました。
コンピュータ好きの少年がずっとコンピュータを作り続けていたら富岳にたどり着いたという物語です。

富岳の次はどうなるのか、GAFAなき日本はどうすればいいのか未来への提言も興味深かったです。

コンピュータ好きの人におすすめです。

「22世紀の民主主義」 成田悠輔 著 を読みました

新年1冊目の読書は先日の資本主義の危機に関する書籍
(「人新世の「資本論」」 斎藤 幸平 (著)を読みました - しんさんのブログ)
に続き、今度は現代社会のもう一つの大きな柱である民主主義の危機に関する書籍を読みました。
資本主義もそしてその暴走を食い止める役割としての民主主義も行き詰まりを見せる現代において、では古臭い時代に制度化された民主主義を現代にふさわしくアップデートするにはどうしたらよいのか?
本書はその疑問に対して民主主義の目的からとらえなおし、現代のテクノロジーも駆使して新たなアルゴリズムを利用した新しい民主主義を提案している。
一人一票でしかも代表者一人にしか投票できない、しかも選挙というごくまれなイベントの時にしか民意を反映できない今の民主主義の欠点、民主市議の劣化にの現状をまずは俯瞰しその原因がSNSやインターネットにおける扇動にあるとしている。

ではテクノロジーでその劣化をどうすればアップデートできるのか?単に電子投票や遠隔投票のような小手先のデジタル化では何の解決にもならずむしろ問題はより深刻になるそうだ。
それにたいして、民主主義のプロセスを膨大なセンサーの情報やSNS上の膨大な書き込みを分析することによるデータに基づく"無意識民主主義"なるものを提案している。

民主主義は民衆の声を入力としある意思決定をするプロセスと考えれば、それはまさにデータの変換プロセスだ。
だとすれば、そのデータ変換を政治家からアルゴリズムに置き換えることも可能である。
一見過激なように見えるこの主張は、すでに民間セクターではレコメンドシステムなどで使われているもので技術的には可能である。
さて、このようなことがもし実現したときに何かとんでもない見逃しがありディストピアに陥らないのか、何か欠陥があるのではないかと疑いながら読み終えたわけですが、一つ心配になったのはもしこのような無意識民主主義の国家が多数成立したとして複雑な国家間の調整や紛争がどのように解決されるのか、ということです。
あるいはこの無意識民主主義をうまくハックするような独裁者は現れないだろうか?

むしろそんな心配するよりは、既得権益を絶対に離さないであろう今の政治家たちをどう動かせば少しでも著者の主張するようなプロセスが今の劣化した民主主義に組み込めるかを心配したほうがいいのかもしれません。

「人間の建設」 小林秀雄、岡潔 著 を読みました

独立数学者として数々の逸話のある岡潔と批評家で文学者の小林秀雄との対談。
ずっと前から読みたいと思っていたのですが、年末年始のお休みに手に取りました。
2人の知の巨人の対談に圧倒され、使われている言葉が古いという以外は全く現代にも通用するような内容で驚きました。
あとがきで茂木健一郎さんが書いてあるように、何度も何度も読めば読むほど味が出るようなするめのような対談です。
圧倒的な知識人・教養人である二人の対話なので理解できないことや何を言わんとしているのかが理解できないところは多々あります。
しかしそのわからなさが何か心地よく、そして示唆に満ちている一語一語が後からじわじわと心に響いてきます。
理ではなく情である、それは理詰めで論理に基づく究極の学問である数学においても重要であるしその根底の創造という作業においては文学と共通すると。
物理のように数学から素材を借りて組み立てるような学問よりはより情を必要とするという岡潔の主張は、確かにそうかもしれないと感じました。

また来年の年末にも読んでみたいです。
その時、本書から自分がどんな発見をしているのか楽しみです。

「人新世の「資本論」」 斎藤 幸平 (著)を読みました

本書を読み始めたきっかけ

この本は、とある日本の大企業の取締役の方が今読んでいる本として紹介していて興味を持ちました。
読み始めの感想は、これは資本主義を真っ向から否定するやばい本ではないのかということです。
しかしそれが環境問題、地球温暖化とリンクされていることでその説得力が増し、最後にたどり着くほど納得感がますます増していき、資本主義は終わらせないと人類が終わってしまうのかもという気持ちにさせられました。

脱成長コミュニズムをめざす

現在の日本は資本主義経済の下にあり、資本主義の中でも新自由主義と言われる経済体制で人々が暮らしている。
本書はそういう資本主義がいかに自然を破壊しつくし、自らの成長のために環境破壊を外部化し、最終的に壊滅的な結果に陥ってしまうかを説明し資本主義の抱える根本的な欠陥を述べています。 特に、地球温暖化、環境破壊に関して危機感が持たれてはいますが資本主義の本質的に抱える成長しとめどなく拡大するという性質から有限の地球環境はどんなに技術が進歩しようとも必ずどこかで自分たちにその負債が帰ってきて破滅的な終焉を迎えます。
環境破壊が進み戦争により自ら滅びるということもあり得ます。今はそういう環境問題をアフリカや途上国に押し付けて、先進国では危機的な状況が見えなくなっていますがいずれどこかの段階で必ず外に押し付けきれなくなった問題が先進国にも押し寄せてくると述べています。
そうならないための処方箋として資本主義に代わる社会体制としてコモンズという概念を提唱している。
マルクスは資本主義の究極の発展形として共産主義を提唱したが、経済成長の後に訪れる共産主義というマルクス資本論での考え方は失敗していることは歴史が証明しています。 実はマルクスの晩年の研究では資本主義的な経済拡大ではなく脱成長コミュニズムを目指していたらしいです。
すなわち資本主義を経ることなく脱成長コミュニズムに到達可能だと彼は晩年は主張していたそうです。

資本主義以外考えられない脳になっている

個人的な感想として、確かに著者の言うように今の資本主義体制では資本家以外の大多数の民衆は資本主義の駒として仕えることを強制されているのかもしれないです。
住宅ローンを抱え、膨大な額の返済金を数十年にもわたり返済すべくひたすら長時間労働し出世のために家族を犠牲にします。
快適で幸せな生活のために家を買ったはずなのに負債が人間を賃金奴隷にして生活を破壊していきます。
しかし、資本家側から見ると住宅ローンを抱えた人間はローン返済のために逃げることもなく、自ら進んで能力を提供してくれて、ひたすら勤勉に働き資本家の持つ価値を高める非常に都合のよい存在なのである、と著者は述べている。
確かにそうかもなとは思いますが、じゃあ今の資本主義が脱成長コミュニズムという社会体制に変われるかというとそれには人口が増えすぎているのではないかと思う。
土地や生産手段を希少化しそこから価値を増大させることでしか現在の人口をまかなうことはできないのではないのかと思います。
コモンズのような無料で共有できる使用価値は本当にあるのだろうかと疑問に感じました。

テクノロジーが果たす役割

資本主義という考え方があまりに当たり前すぎてそれについて疑問に思っていなかったが本書が資本主義の根源的な危うさを環境問題とリンクすることで単なるイデオロギーではなく 人類の存続にかかわる危機であると論じていることで、読者である私にも心の深くに資本主義に対する若干の懐疑が生まれてきました。
とはいえ、著者の言う脱成長コミュニズムを人類が構築した時に本当に素晴らしい世界が実現するのかにも疑問があるのですよね、そして今AIという新たなプレーヤーが生じて著者の主張にさらに変化が生じて行くのではないかと思うのです。
AIやロボティクスがコモンズとして機能すればひょっとしたら著者の言う素晴らしい持続可能な未来が開けるのではないかと思います。
でもやはり、AIやロボティクスも資本家によって人工的希少性を持たせられ「価値」と「使用価値」が交換され資本を生み出すための道具として搾取されるのでしょうか。
今はその瀬戸際にありますが、状況としてはAIはやはり資本家の手の中にあるように思います。従って必ずどこかでAIやロボティクスという先端技術も希少化され使用価値が価値に置き換えられていく方向に進んでいくでしょう。

次はピケティの「資本とイデオロギー」を読むべきでしょうか。

Anacondaからコンテナ+依存性管理ツールへ、検討中

自分の機械学習プロジェクトは今はAnacondaの仮想環境で完全に切り分けていますがこのままだとディスク領域が無限に必要になり管理も複雑になりつつありどうしようかなと考えています。
まだ検討中ですが、以下の記事が参考になりそうでした。
Kaggle Notebook実行環境と仮想環境の運用について - 機械学習 / データ分析
Anacondaで運用する場合と、コンテナ+pip運用のメリットデメリットについて言及がありました。

私の場合GPUWebカメラなどややこしい話もあり、試行錯誤が必要そうですがそろそろコンテナ環境への移行も考えてもいいかなと思っています。

OpenCVでネットワークカメラの映像を読み込む方法

単純に以下のようにしてrtspのURLを指定すればよいようです。
rtsp://user:password@ip:port/ipcam_h264.sdp
OpenCVですと、
>capture = cv2.VideoCapture('rtsp://admin:password@192.168.0.1:47614/ipcam_h264.sdp')
でOKのようです。

以下の記事を参考にしました。
qiita.com

2022年気になるAdvent Calendarリスト

今年の気になるAdvent Calendarリストです。

今年もこの季節がやってきました。
徐々にリンクを増やしていきます。

まとめ

今年も魅力的なカレンダーが沢山あります。
リストは随時更新していきます。