本棚

「クオリアと人工意識」茂木健一郎著を読みました

クオリアと人工意識 (講談社現代新書)作者:茂木健一郎発売日: 2020/07/15メディア: Kindle版この本はおそらく茂木さんの「脳とクオリア」以来のクオリアや意識に対する本格的な著作になるのではないかと思います。 新書の形式ですが350ページを超えています…

「舟を編む」 三浦しをん著 を読みました。

舟を編む (光文社文庫)作者:三浦 しをん発売日: 2015/03/13メディア: Kindle版今年のお正月はコロナのために外出を自粛したので、帰省することもなく部屋で読書する時間をたくさんとれました。 小説は3か月に1編程度しか読まないし、しかも短編が多いのです…

「腹だけ痩せる技術」植森美緒/著 を読みました。

腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)作者:植森美緒発売日: 2012/04/27メディア: 新書コロナのための在宅勤務が長くなり、運動不足が気になっています。私はもともとやせ型なので体形はそれほど変化ないように見えますが、ウエストの変化は気になっ…

「イラストで学ぶディープラーニング 改訂第2版」を読みました

イラストで学ぶ ディープラーニング 改訂第2版 (KS情報科学専門書)作者:山下 隆義発売日: 2018/11/19メディア: 単行本(ソフトカバー)古い版の方は読んだことがあったのですが、第2版で強化学習のあたりが追加されたようですのでまた読んでみました。 この…

「三体」劉 慈欣 (著)を読みました

三体作者:劉 慈欣発売日: 2019/07/04メディア: Kindle版中国のSFがヒューゴー賞を取ったと話題になった本です。 かなり前から話題になっていたこともあり、早々に購入をして積読していました。 1回目に少し読んだところで、1週間空いてしまい物語の展開が追…

「驚異の量子コンピュータ」 藤井啓祐著を読みました

驚異の量子コンピュータ: 宇宙最強マシンへの挑戦 (岩波科学ライブラリー)作者:啓祐, 藤井発売日: 2019/11/20メディア: 単行本私が初めて量子コンピュータという言葉を聞いたのは多分2000年代の初めのころだと思います。 それ以前にも、ファインマンが量子計…

「妻を帽子とまちがえた男」 オリヴァー サックス (著) を読みました

妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)作者:オリヴァー サックス,Oliver Sacks発売日: 2009/07/05メディア: 文庫ずいぶん前に職場の読書好きの方にいただいた本です。 最近はStay homeで家にいる時間が長くなり、本を読む時間も増えてと…

「人工知能と経済の未来」 井上 智洋著 を読みました

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)作者: 井上智洋出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/07/21メディア: 新書この商品を含むブログ (31件) を見る人工知能が経済にどのような影響を与えるのかをテーマにした本です。 現在のAIは囲碁や将棋…

数理統計の勉強のための資料

機械学習やビッグデータを勉強していると根本的な数理統計の知識が足りないことに気づきました。 数理統計の勉強のための参考書をリストアップします。「Introduction to Mathematical Statistics」Introduction to Mathematical Statistics: Pearson New In…

「これならわかる深層学習 入門」 瀧 雅人著 の正誤表

機械学習スタートアップシリーズ これならわかる深層学習入門 (KS情報科学専門書)作者: 瀧雅人出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/10/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る瀧 雅人さんの「これならわかる深層学習 入門」 …

「機械学習入門」 大関 真之著 を読みました

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで作者: 大関真之出版社/メーカー: オーム社発売日: 2016/12/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る表紙が機械学習の本の中ではトップクラスに機械学習らしくなくいい意味で手に取り…

「人工知能入門」 小高知宏/著 を読みました

人工知能入門作者: 小高知宏出版社/メーカー: 共立出版発売日: 2015/09/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る人工知能全般について、浅く広く知るための本です。 ディープラーニングや機械学習の特定のアルゴリズムについて知りたいとか、機…

「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」を読みました

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)作者: 松尾豊出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版発売日: 2015/03/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (22件) を見るマスコミでも積極的に人工知能について解説しておられる…

「カメラ?カメラ!カメラ?!―計算をはじめた未来のカメラたち 」 を読みました

カメラ?カメラ!カメラ?!―計算をはじめた未来のカメラたち (丸善ライブラリー)作者: 児玉和也,財部恵子,国立情報学研究所出版社/メーカー: 丸善出版発売日: 2016/04/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る著者はNIIの研究者の児玉さんとサイエンス関…

「融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」を読みました

融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論作者: 渡邊恵太出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社発売日: 2015/02/18メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るユーザーインターフェース(UI)のデザインとはどうあるべきか。 何を指…

現代思想12月号 人工知能特集を読みました

現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ-作者: 新井紀子,小島寛之,石黒浩,茂木健一郎,竹内薫,西垣通,池上高志,三宅陽一郎,山本貴光,ドミニク・チェン,西川アサキ,藤原辰史,磯崎新出版社/メーカー: 青土社発売日: 2015/11/27メディア…

「Pythonスタートブック」

Pythonの入門書で一番わかりやすいという話でしたので、読んでみました。 確かに初心者向きとして、非常にわかりやすいです。Phythonのこと全く知らないという方にお勧めです。 中学生、高校生でこれからプログラミングを勉強しようという人にもちょうど良い…

異次元物理は楽しい

先日の、大栗先生の超弦理論の本に続き、こんどは、阪大の橋本さんの「超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義」を読みました。 超弦理論の導入から、マルダセナのAdS対応までわかりやすく説明されています。 なんといっても娘と…

データの見えざる手:ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則作者: 矢野和男出版社/メーカー: 草思社発売日: 2014/07/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (16件) を見る「データの見えざる手:ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の…

大栗先生の超弦理論入門を読みました

通勤電車で1章ずつ読み進めたのですが、かつて理論物理の研究をしていたころの興奮を思い出しました。 特に最後の二つの章は、読んでいて心臓の鼓動が高鳴りました。 最先端の物理学を生き生きと分かりやすく、ごまかしがなく正確に記述してあります。大栗…