読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」を読みました

本棚 機械学習

マスコミでも積極的に人工知能について解説しておられる東大の松尾先生による人工知能ディープラーニングにつていの解説書です。
技術書ではないので、専門家でない方も十分楽しんで読めますし、深層学習や人工知能ってなんだかわからないけど人類の脅威になるの?といった疑問や不安をお持ちの方は本書を読んで安心できるのではないかと思います。
人工知能は人の職業を奪うとか、将来人間をはるかに超える人工知能ができて人類の危機が訪れるというセンセーショナルな言説が飛び交っていますが、そういう議論にたいして人工知能を専門に研究する著者だからこその冷静で、事実に基づく論理的な解説が展開されていて読んでいて好感を持てます。
SFまがいの解説書が多い中、本書は数少ない頼りになる解説書であると思います。
学生、エンジニア、社会人、人工知能機械学習ディープラーニングに興味のあるすべての人にお勧めです。
読めば、ディープラーニングってそういうことだったのかと非常にクリアに理解できます。