「死ぬほど読書」 丹羽 宇一郎 (著) を読みました。

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

タイトルに"死ぬほど”とあるのでかなり過激なことが書いてあるかと思いましたが、実際にはとても常識的な内容でした。
読書の効能やどのように読みたい本を見つけ、読んだ本から何を吸収するかが平易な言葉で書いてあります。
読書のことだけでなく人生訓的な内容も書かれており、若い人からすると考え方の古い人の説教的な内容と言えないこともないですが、そこは伊藤忠商事の社長や中国大使まで歴任された方の話ですので実体験に基づいていて、単なる受け売り説教ではないです。
なぜか伊藤忠商事時代の話はたくさん記述があるのですが、中国大使時代の話は全く出てこないのは残念でした。
守秘義務はあるでしょうが、伊藤忠の社長が中国大使なんて今では絶対に考えられない人事ですし、まれな体験をされたのですから大使館での日々の話は知りたかったです。